バーガーキングはカロリー低い? 低カロリーメニューを 紹介します

スポンサーリンク

人気のファーストフードメニューといえば、ハンバーガーですよね?ハンバーガーといえば、大人から子供まで大人気のメニューですが、メニューをよく見るとカロリーがすごく高いですよね。食べた後に後悔することもありませんか?

でも今カロリーの低いハンバーガーが食べられるファーストフード店が注目されています。その名も「バーガーキング」!バーガーキングは普通のファーストフード店に比べ、ハンバーガーのサイズが普通より大きく、メニューによってはカロリーも低いんです。

なので、ダイエット中だけどハンバーガーが食べたい人にはおすすめです。ハンバーガー好きにはたまらないですよね?今回はそんなバーガーキングはどんなお店なのか、なぜカロリーが低いのか紹介していきます。

バーガーキングとは何?どのメニューがカロリーが低いの?

バーガーキングとはどんなお店なのでしょうか?紹介していきます。

引用 Twitter

バーガーキングとは、アメリカで作られたハンバーガーチェーン店です。日本では、2007年に新宿アイランドイッツ店を1号店として出店しました。その後、東京都を中心に次々にオープンし、2020年現在では全国で50店舗以上の店舗があります。

バーガーキングの特徴
  • 直火焼き100%ビーフパティ
  • 新鮮な食材
  • 野菜の量をお好みで注文できる
  • ワッパーメニューという大きいハンバーガーがある

バーガーキングは、お店の中でパティを直火で焼いてくれるのでジューシーで、野菜もお店に届いてからお店でカットしているため新鮮!そして、野菜の量が調整できるので、苦手な野菜を減らして好きな野菜を増やすこともできます。

食べ盛りの学生さんには、ワッパーメニューという大きいハンバーガーがおすすめです。サイズは大きいのに値段は他のハンバーガーチェーンと一緒で、お財布にも優しく量も多いので、部活帰りの学生さんにはうれしいですね。

私は、野菜が苦手なので、サブウェイみたいに野菜が調節できるととてもうれしいです。そしてハンバーガーのサイズも色々あるので、小食の方でも自分に合ったサイズを食べる事ができます。このように自分で調整できるのが人気の理由ではないでしょうか。

引用 Twitter

ちなみにハンバーガーサイズが大きいため、オーダーをすれば半分に切ってくれるそうです。バーガーキングの優しさが見えますね。

バーガーキングのカロリーが低いメニューは?

バーガーキングってボリュームがあるのに、カロリーが低いと言われています。しかも普通より大きいサイズのワッパーメニューにも、カロリーの低いメニューがあります。今回はワッパーメニューのカロリーが低いランキングを紹介します。

順位 メニュー カロリー(kcal) 単品価格(円) セット価格(円)
ワッパージュニア 394 380 500
テリヤキワッパージュニア 405 390 690
スパイシーチキンワッパージュニア 408 390 600
4  ワッパーチーズジュニア 439 410 710
ベーコンチーズワッパージュニア 463 460 760

1位になったワッパージュニアは価格も安く、カロリーも低くく、普通のハンバーガーに比べて少し大きいんです。普通のハンバーガーだと少し物足りないと思っている方にはいいかもしれません。

順位を見るとワッパーサイズでもジュニアサイズが多いですね。普通のワッパーサイズだとカロリーがとても高いので、ダイエット中の方にはジュニアサイズがおすすめです。

まとめ

  • バーガーキングはには、ワッパーメニューという大きいサイズのハンバーガーがある
  • 野菜の量を変える事ができる。
  • 大きいのに金額が安い
  • カロリーは普通だが大きいので、食べ応えがある
  • カロリーを抑えたい人はジュニアサイズがおすすめ

ハンバーガーなので、カロリーはあまり変わりませんが、大きいのでいつもと一緒のカロリーでたくさん食べれるのがバーガーキングの魅力の一つかもしれません。サイドメニューも豊富なので、サラダとかを一緒に買ってもいいかもしれません。

まだ他のファーストフード店よりは数も少ないですが、お肉がジューシーでおいしくサイズも大きいので、今後もっと人気がでて注目されていくのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です