ガソリンの価格が値下がり?!今後はどうなる?2020年最新予想!

スポンサーリンク

3月に入りガソリンの価格が値下がりを続けていますね!ガソリンの価格にも新型コロナウィルスの影響が出ているようです。

今や移動手段として車は欠かせない存在ですから、ガソリンの価格も気になるところですよね。ガソリンの価格が上がっているときは、少しでも安く抑えたい気持ちが強く何件もガソリンスタンドを探したという方もいるのでは・・・。

過去にも、リーマンショックなどで急激(きゅうげき)な値下がりがおきたこともあるガソリン価格ですが、今後はどのようになっていくのでしょう。過去の価格変化と比較して予想していきます!

ガソリン価格は今後どうなる?!

引用 ガソリン価格推移

グラフは、2019年12月25日から2020年3月23日までのガソリン価格の推移(すいい)です。今年に入り、徐々に価格は下がっていますね。

今年に入ってガソリンの価格が値下がりしている要因は2つあります。

ガソリン価格値下がりの要因
  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • OPEC(石油輸出国際機構)の加盟国と非加盟国との話し合いが決裂(けつれつ)

詳しく見ていきましょう。

新型コロナウィルスの感染拡大

新型コロナウィルスの感染拡大で原油の需要(じゅよう)が減るという見方から原油価格が値下がりしています。それにともない、ガソリンの価格も下がりました。各国で外出制限や自粛(じしゅく)が相次(あいつ)いでいますので、車に乗る機会も減るという見方のようですね!

OPECの加盟国と非加盟国の話し合いが決裂

OPECの加盟国とロシアなどの非加盟国の会合で減量についての協議(きょうぎ)が決裂したと伝わったことで、原油の相場は大幅に下落(げらく)しています。そのため今後もガソリンの価格は下がるといわれているのです。

ガソリンの価格は、原油価格世界情勢(せかいじょうせい)など様々な要因によって影響を受けます。今後の価格を予想するには世界の動きを様々な視点で見ていく必要があり、とても難しいのです。

価格が下がっている理由は良いことではありませんが、車を運転する側としてはガソリン代も日常的に必要な経費ですから、値下がりしていることは素直に嬉しくなりますね!

過去のガソリン価格の動き

引用 総務省統計局

過去にも、石油危機やリーマンショックなどガソリン価格の大きな変動を招(まね)く出来事はありました。その時は、どのように価格が変動していったのかを見てみましょう!

グラフは総務省統計局(そうむしょうとうけいきょく)が発表している1966年から2019年までのガソリン価格の推移です。グラフを見ると様々な変動をしているものの、全体的には徐々に値上がりしていることがわかりますね。

2008年のリーマンショック時に急激な値下がりをしていますが、その後は着々と価格上昇が続いています。一定のところまで価格が下がった後は数年かけて上昇していくようですね!年々上がり続けている状況をみると、将来的にどこまで価格が上がってしまうのか少し心配になります。

今後のガソリン価格はどうなる?

今は、OPECやコロナの影響で値下がりを続けていますが、過去のガソリン価格推移を参考にするとコロナの終息(しゅうそく)とともに、徐々に値上がりしていくのではないかと考えられます。

さらに、値上がりしていくであろう理由を3つ紹介します。

値上がりしていくであろう要因
  • 石油資源の限界
  • 中東情勢の悪化
  • 消費税の増税

詳しく見ていきましょう。

石油資源の限界

石油は無限に存在するわけではありません。今のペースで消費し続けると近い将来なくなってしまうといわれています。石油資源が少なくなれば原油価格が上昇するので当然、ガソリン価格も影響を受けますよね。

中東情勢の悪化

原油の輸出元である中東の情勢は石油価格に大きく影響します。残念なことに2019年9月にサウジアラビアの石油施設が爆撃されるということがありました。それによって、石油施設が機能を停止するなど、情勢は悪化しています。

日本は石油をどこから輸入しているかご存知ですか?実は、約4割がサウジアラビアからの輸入となっています。中東情勢の悪化が続けばガソリン価格の上昇は避けられません。

消費税の増税

2019年10月に消費税が10%となりましたが、ガソリン価格には消費税も含まれています。消費税が上がれば当然ガソリン価格も上がります。

ただ、新型コロナウイルスの影響もあり、経済対策として減税するという案も上がっているので、2020年はガソリンの価格が急激に上昇する可能性は低いかもしれません。

今は石油資源に限らず、電気自動車なども普及して始めていますよね。将来的にはうまくバランスがとれた価格になってくれるといいなと願います。

まとめ

  • 2020年に入り、ガソリンの価格は「OPEC」と「新型コロナウイルス」の影響で値下がりが続いている
  • 過去のガソリンの価格変動を見ていると、値下がりは一時的なものと考えられ、その後は上昇傾向となるのではないか
  • ガソリン価格は新型コロナの終息とともに徐々に値上がりしていくと思われる

ガソリンの価格予想は判断材料が多く難しいです。ですが、2020年は新型コロナウイルスの影響もあり、一時的に下がってきています。車を運転する側としては、このままガソリン価格はお財布に優しいものであってくれたら嬉しいですね。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です