【銀魂】朧の正体とは?虚との関係とその最後をご紹介します!

スポンサーリンク

週刊少年ジャンプで空知英秋(そらちひであき)さんが連載(れんさい)していた人気漫画『銀魂』は2018年に終了し、ジャンプGIGA(ギガ)から公式アプリ配信に変わり最終回を迎(むか)えましたね。

そして、連載終了後の2021年3月に『銀魂(ぎんたま) THE FINAL(ザファイナル)』の上映が始まりました!銀魂の主人公、坂田銀時(さかたぎんとき)の前に何度も立ちはだかる朧(おぼろ)を知っていますか?物語の終盤(しゅうばん)では生い立ちや正体が明かされるのです。

そこで今回は朧の正体と、その後虚(うつろ)とどのように関わっていくのかをご紹介します♪

朧とは?

朧は暗殺組織・天導衆直属(てんどうしゅうちょくぞく)の首領(しゅりょう)にして最上位の奈落三羽鳥(ならくさんばどり)の一人。天導衆からは八咫烏(やたがらす)と呼ばれ、彼らの命令で徳川定ヶ(とくがわさださだ)の警護(けいご)を担当しています。

特 徴:縮(ちぢ)れた銀髪と血色の悪い肌、目元の黒い隈(くま)

    顔に大きな刀傷(かたなきず)

身 長:180cm

体 重:71kg

誕生日:3月26日

経絡(けいらく)を熟知しており、針や気功(きこう)で的確につき、相手にダメージを与えことが出来るのです。さらには、その技を自身に応用することで致命傷(ちめいしょう)の回避(かいひ)や、傷を早期に回復することも可能になります。

そして、坂田銀時の師匠(ししょう)である吉田松陽(よしだしょうよう)の捕縛(ほばく)や処刑(しょけい)にも関与しているのです。最後まで抵抗しようとした高杉晋助(たかすぎしんすけ)の左目を潰(つぶ)した張本人でもあり、まさに因縁(いんねん)の間柄(あいだがら)ですね。

朧の正体!

朧は虚から不死の血を与えられた半不死者(はんふししゃ)なのです。傷を受けても強い生命力で治癒(ちゆ)することができますが、その不死の血も繰り返し受けた傷で力が少しずつ失われていくのを悟(さと)っています。

虚を守り抜く強い思いがあったのは、幼少期からの関係が大きく関わっているのです。朧は虚に命を助けられ、先生と呼びながら奈落で共に生活していました。子供に混ざって学びたいと語る虚に、朧は学び舎(や)を開くことを提案(ていあん)します。

二人は松下村塾を立ち上げ、虚は朧の一番弟子となりました。しかし、追っ手から逃げることができず、朧は一人残って虚を奈落の目からそらすように力を尽くすのです。

朧と虚の関係

銀魂の敵側にいるキャラクターですが、物語のキーパーソンでもあるのですよ。そこで、朧の師匠である虚にどのようにして出会い、別れることになったのかをご紹介します。

虚との出会い

幼少期の朧が働いていた奉公先(ほうこうさき)で奈落の襲撃(しゅうげき)にあい、その時朧は致命傷を負います。突然現れた奈落の首領であった虚は「生きて私を憎(にく)み続けて下さい」と、不老不死(ふろうふし)である自分の血を与えることで一命を取り留(と)めました。

朧と出会ったとき、虚の中には松陽の人格が芽生え始めていますが、朧からの学び舎を開くという提案に影響され急速に松陽の人格が強くなっていくのです。

虚と別れ

松下村塾を開き、朧は弟弟子(おとうとでし)ができることを楽しみにしていました。しかし追っ手から逃げ切れないと悟り、虚のために自分を犠牲(ぎせい)したのです。その後、奈落に戻った朧は虚が見つからないようにするため、組織内で地位を上げ影響力を持つようになっていました。

ある時、吉田松陽を名乗り弟子たちと一緒にいる虚を見て朧は動揺(どうよう)します。松下村塾の中にいられない事実に耐(た)えられなくなった朧は、部下と松下村塾を襲撃して先生を取り戻そうとしたのです。

吉田松陽を殺すことで虚を取り戻しますが、すでに朧が知る先生とは別人でした。人格が変わってしまったとしても、もう二度と裏切らないと不死の血が尽きて死ぬまで、忠義(ちゅうぎ)を貫(つらぬ)くことにしたのです。

朧の最後

洛陽決戦篇(らくようけっせんへん)で、朧は自分の死期が近いことを感じていました。弟弟子の一人であり左目を奪(うば)った高杉晋助と最後の戦いに臨(のぞ)みます。真実を語りながら激しい戦いを繰り広げ、最後は一騎打(いっきう)ちとなり高杉晋助に倒されたのです

とうとう再生できなくなった朧は、死ぬことができない苦しみから自分たちの先生を救うために、虚を倒せと言い残します。松下村塾の中にいることができなかった後悔(こうかい)を口にして絶命(ぜつめい)してしまうのです。朧を兄弟子と認めた高杉は共に地球へ連れて帰ると誓います。

朧の声優は誰?

朧の声優(せいゆう)をしているのは幼少期と成人期で変わっていますので、代表作と一緒に紹介していきますね♪

幼少期

幼少期の声優は、悠木碧(ゆうきあおい)さんです。悠木碧さんが芸能界入りしたのは4歳で、テレビやドラマや映画に子役として活躍していました。そんな、悠木碧さんの代表作をご紹介します。

代表作
  • 『魔法(まほう)少女まどか☆マギカ』鹿目(かなめ)まどか役
  • 『妖怪(ようかい)ウォッチ』未空イナホ役
  • 『君の名は。』名取早耶香(なとりさやか)役

2003年の『キノの旅』さくら役をきっかけに声優として初出演しました。それがきっかけで声優に興味を持ち、2012年から歌手としても活動を始めているのですよ。

成人期

成人期の声優は、井上和彦(いのうえかずひこ)さんです。井上和彦さんは『美味しんぼ』の山岡士郎役が様々な役柄を演じるきっかけになったそうです。それでは、井上和彦さんの代表作をご紹介します。

代表作
  • 『NARUTO』はたけカカシ役
  • 『夏目友人帳』にゃんこ先生

二つの作品は、全く違う演技をしているのが印象的ですね。声優だけではなく、俳優やナレーター、音響監督としてもマルチに活躍しています。銀魂は漫画もとても面白いですが、アニメも違った楽しみ方ができるのですよ♪

人気漫画ということでアニメもたくさんシリーズが出ています。銀魂のアニメ見るときの順番は? それぞれ1話のあらすじを紹介しますで、どこからアニメを見ればいいか詳しく紹介していますので参考にしてくださいね。

まとめ

  • 奈落の首領で不死の血を与えられた半不死者
  • 朧は吉田松陽の一番弟子であり、松下村塾を開くきっかけになった
  • 弟弟子の高杉晋助によって倒される
  • 声優は幼少期を悠木碧さん、成人期を井上和彦さん

人格が変わってしまっていても、姿形(すがたかたち)が同じであるがために、切り捨てられずに守り続けると誓う朧が悲しく感じてしまいますね。虚の関係性を知ってから見直すと、朧の最後は感慨深(かんがいぶか)く思う方も多いのではないでしょうか?

銀魂はギャグ要素(ようそ)が多いと思われがちですが、シリアスな場面も面白いので是非(ぜひ)ご覧になってくださいね!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です