平野レミの「人参まるごと蒸し」レシピが衝撃のうまさだった!

スポンサーリンク

強烈なキャラクターで多くのファンを惹(ひ)きつけ続ける「料理愛好家」平野レミさん。その数々の衝撃(しょうげき)レシピの中でも、最近何度もテレビに取り上げられ注目を集めているメニューがあります。それが、「人参(にんじん)まるごと蒸し」です。

もう名前からして平野さんらしい豪快(ごうかい)さを感じますよね!平野レミさんといえば、型破りな性格と突飛(とっぴ)な調理法で多くの伝説を残してきた方です。そんな料理界異色の偉人の注目メニューだけに気になります!それに「人参まるごと」ってヘルシーでおいしそうですよね!?

というわけで、話題のものには目がないという方、または最近食物繊維(しょくもつせんい)が足りてないなあという方、一緒にこの素敵なレシピを勉強しませんか?ついでに平野レミさんの明るい人柄(ひとがら)にも触れて元気になりましょう!

平野レミさんの「人参まるごと蒸し」レシピとは?

にんじんの栄養とおいしさをまるごといただけたら素敵だと思いませんか?それを可能にするのが平野レミさんの「人参まるごと蒸し」です。にんじんをステーキのように丸々食べてしまおうという、実に平野さんらしい豪快なメニューですね!

健康にも良さそうな上、最近このメニューが話題になっていると知ったら、ちょっぴりミーハーな私は素通(すどお)りできません!

「人参まるごと蒸し」の最近の動向(どうこう)
  • 『人間観察バラエティ モニタリング』(TBS系)2019年2月21日放送分で紹介
  • 『ぽかぽか家族に福きたる』(NHK)2018年1月8日放送分で紹介
  • 『マツコの知らない世界』(TBS系)2017年2月14日放送分で紹介

これを見ると、年に1回は何らかの番組で取り上げられているようですね。ということは今年(2020年)もそろそろ?皆さん、今のうちに押さえておけば話題を先取りできますよ!

ちなみに『マツコの知らない世界』で紹介されたときは、あのマツコさんが「めちゃくちゃウマい」とおっしゃったそうです!出ました、「マツコ絶賛!」私、マツコさんが褒(ほ)めたたえるものはほぼ間違いないと思ってますから。

参考:バインミーが食べられる高田馬場の人気店とは?マツコも絶賛!

平野レミさんについて

では、マツコさんをも唸(うな)らせる絶品メニューを考案した平野レミさんとは、どんな方なのでしょうか?まずはプロフィールをチェックしてみましょう♪

「平野レミ」プロフィール
  • 本名:和田 レミ(わだ れみ)※旧姓平野
  • 生年月日:1947年(昭和22年)3月21日
  • 血液型:O型
  • 職業:料理愛好家、タレント、シャンソン歌手

2020年5月現在、なんと御年(おんとし)73歳!あふれるアイディアと飛びぬけた元気さは全くもって衰(おとろ)え知らずです。クッキングの前に、そんな平野レミさんの魅力(みりょく)をさらっと確認しておきますよ!

斬新で豪快な料理愛好家

平野レミさんといえば、豪快な調理方法が有名!70歳を過ぎた今なお健在(けんざい)なその技を、まずはご覧いただきましょう。怒涛(どとう)の超速クッキング、「ふわふわニラ玉」です!

引用 Twitter

熟練(じゅくれん)の技と呼んでもいいくらいのキレとスピード!そして、その中で光るおちゃめな「平野節(ひらのぶし)」がチャーミング!作る者が楽しみ、見る者に元気を与え、そして食べる者を幸せにする。ある意味、料理の究極(きゅうきょく)の理想なのではないでしょうか?

語り継がれる多くの「伝説」

1980年代後半から「料理愛好家」として活動を始めた平野さん。その後は皆さんご存知のように、多くの「伝説」を築(きず)いてきました。

平野レミ伝説(ほんの一部)
  • トマトを手で握りつぶす調理法で視聴者から苦情が殺到(さっとう)
  • ブロッコリー1株まるごとお皿に突き立てる「ブロッコリーのたらこソース」を披露(ひろう)するも、ブロッコリーが転倒
  • お正月料理として鯛(たい)を大根に突き刺し直立させる「おったて鯛」を披露

ちなみにこれらは全てNHKです。付いたあだ名が「生きる放送事故」。ご本人は不本意でしょうが、妙に納得してしまうニックネームです(笑)

速いのは調理だけじゃない!夫・和田誠(わだまこと)さんとの出会い

平野さんがスピーディーなのが調理だけだと思ったら大間違いです。1972年、イラストレーターの和田誠さんと出会ってからわずか1週間で超速結婚しています。

出会いのきっかけは、なんと和田さんの一目ぼれ!平野さんを気に入った和田さんが、彼女と一緒にラジオをやっていた久米宏さんに紹介を依頼。しかし、破天荒(はてんこう)な平野さんを紹介することで恨(うら)まれることを恐れた久米さんが断ったというエピソードは有名ですよね。

そんなお二人が47年間添い遂げる「おしどり夫婦」になったのですから、人生どう転ぶか分からぬものです。

最近は大切な人を亡くす経験も

自由奔放(じゆうほんぽう)に突っ走るような人生を送ってきた平野さんですが、最近は大切な人との死別も経験されています。2019年10月、最愛の夫・和田誠さんが肺炎のため帰らぬ人となりました。そのとき平野さんが発表したコメントからは、深い夫婦愛が伝わって来ます。

(前略)肺炎を患ってからはご飯を食べられなかったので、和田さんが好きなご飯を沢山作って、安らかな顔の横に置いてあげました。最後の料理を作っているときはすごく幸せで「私にとっての一番の幸せは、和田さんにご飯を作ることだったんだ」とあらためて気づきました。47年間、私の料理を美味しい美味しいって食べてくれて本当にありがとう。安らかにね。

引用元 スポニチSponichi Annex(外部リンクへ飛びます)

奇想天外(きそうてんがい)でユニークなレシピをたくさん生み出してきた平野レミさん。その原動力は、愛する家族においしい料理を作ってあげたいという思いだったのかも知れませんね。「人参まるごと蒸し」も、にんじんが苦手な子どもたちが楽しく食べられるように考えたそうですよ。

でも心配はいらないと思います。ほら、上で紹介した動画を思い出してください。御年73歳にしてますます元気!きっと平野レミさんの快進撃(かいしんげき)はまだまだ続くと思いますよ。

「人参まるごと蒸し」を実際に作ってみた!

お待たせいたしました、それではクッキングの時間です!「人参まるごと蒸し」を作っていきますよ。皆さん、エプロンの準備はよろしいですか?

材料をそろえよう!

まずは材料を確認していきましょう(※2人分です)。

絶対必要なもの
  • にんじん(皮つき) 2本

まずは「にんじん」です。当たり前ですね。これがなければ話になりません!

にんじんを「蒸す」のに使うもの

【A】

  • 水 1カップ
  • オリーブ油 大さじ1
  • ハーブソルト 小さじ1/2

言わずもがなですが、「人参まるごと蒸し」ではにんじんを蒸します。一番重要な工程(こうてい)です。それに使うのがこれら。以下、材料【A】と覚えておいてください。

次は、にんじんにかける「ソース」を作るのに使う材料です。

ソースの材料

【B】

  • くるみ ※細かく刻(きざ)んで煎(い)る 70g
  • 牛乳 大さじ4~5
  • マヨネーズ 大さじ2
  • オリーブ油 大さじ1
  • ハーブソルト 小さじ1/2~1
  • コショウ 少々
  • クミンパウダー 小さじ1~1½

何やら普段あまり使わないような調味料がありますね。どんな味のソースになるのか楽しみです!そういえばクミンって、カレーの香りの元になるスパイスですよね?ということはスパイシーな風味になるのかな?これらは以下、材料【B】と覚えておいてください。

その他
  • バター 20g
  • イタリアンパセリ  適量
  • 粗(あら)びき黒コショウ 少々

以上材料の引用元 平野レミ公式サイト「人参まるごと蒸し」(外部リンクへ飛びます)

その他の材料です。これらは、にんじんをフライパンで「ソテー」する工程や「最後の仕上げ」で使います。

さあ、材料が確認できたらショッピングです!コンビニとスーパーとネット通販を利用してちゃちゃっと揃(そろ)えますよ!

人参まるごと蒸しの材料

はい、どん!仕事がはやいでしょう?後から記事書いてるんだから当たり前というツッコミはなしね♪

さて、鋭(するど)い人は気付いたかも知れません。「イタリアンパセリがない!」ということに・・・。すみません、スーパーで売ってなかったので普通のパセリで代用します。突然ですが、私の座右の銘(ざゆうのめい)は臨機応変(りんきおうへん)です!

さっそく作っていくよ!

準備万端(ばんたん)!調理開始!

作り方①
にんじんと【A】をなべに入れ、フタをし、30~40分蒸し煮にし、柔らかくする(弱火、途中で一度ひっくり返す)

はい、なべに投入(とうにゅう)!

なべに入れられたにんじん

40分後にまた会おう、それまで元気でね♪

にんじんを蒸している間にソースを作っていきますよ!

作り方②「ソースの作り方」
【B】をフードプロセッサーにかけ、なめらかにし、くるみソースをつくる

フードプロセッサーに材料【B】を入れてみました。

フードプロセッサーに入れられたソースの材料

クミンが結構多めに感じる。これが味の決め手なのかな?

出来上がったソース

処理後です。う~む、公式サイトの画像にくらべると、ちょっと粒々(つぶつぶ)感が強いかな?まあ、我が家のフードプロセッサーの性能上やむなしとしましょう。ソース完成です!

さて、そうこうしている間ににんじんが蒸し上がったようですよ。

蒸し上がったにんじん

おお~!!ちょっと見ない間にすっかり立派(りっぱ)になっちゃって(笑)柔らかくておいしそうですね!ちゃんと火が通ってますよ。不安なときは竹串などで確認しましょう!

それでね皆さん、なべのフタを空けたとき、オリーブとハーブに彩(いろど)られたにんじんの香りがとても芳(かぐわ)しかったのです。あんまり良い香りがするので蒸した残り汁をちょっと味見してみたら、にんじん風味の薄味スープみたいでおいしかったですよ!

では次の工程に行きましょう。もう完成間近です!

作り方③
バターを熱し、①のにんじんをこんがり焼き色がつくまで、転がしながらソテーする

ここで、「その他」の材料のバターを使います。

ソテーし終わったにんじん

出来ました!バターの香ばしさと焼き色がついて、とてもおいしそうな姿に!楽しみだな~♪

それでは「最後の仕上げ」です。

作り方④「最後の仕上げ」
お皿に③のにんじんを並べ、イタリアンパセリを葉に見立てて飾(かざ)り、②のくるみソースを好きなだけかけて完成

お好みで黒コショウをふる

以上作り方の引用元 平野レミ公式サイト「人参まるごと蒸し」(外部リンクへ飛びます)

調理時間約50分!ついに・・・ついに伝説の料理家のレシピが我が家の食卓(しょくたく)に降臨(こうりん)!それではご覧いただきましょう!

完成した人参まるごと蒸し

ジャ~ン!にんじんのオレンジにパセリの緑があざやかに映(は)えて美しい!お皿ににんじんが2本「ドン!」と鎮座(ちんざ)する見た目のインパクトも大です!自分自身の感性を信じるなら、こういうのが「インスタ映え」っていうんだろうなあ。さすが平野レミさん!

お味のほうは・・・?

それでは食べてみます。一番大事なのは「味」ですからね!

ちょっとこれを見てください!

簡単にフォークが通るやわらかいにんじん

フォークがスッと通ります。豆腐(とうふ)かと思いました!皆さんも作る時はこの瞬間を楽しみにやるといいですよ♪ここが一つのクライマックスですからね。

まずはソースを付けずに、にんじんのみいただいてみます。

フォークで刺したにんじん

もぐもぐ・・・おいしい!!にんじんのやさしい甘みがたまらない!ハーブ・オリーブ・バターなど、丁寧な調理工程による細やかな味わいも大変にグッド!これ、ソースなしでもいけますよ!

そうは言っても、ソースを付けても食べてみますけどね。さて、いかに・・・?ソースを付けると、にんじんのやわらかな甘みにクミンのスパイシーさとクルミのツブツブ感が華(はな)を添えてくれます♪とても美味です!ソースがツブツブなのは我が家だけかも知れないけれど(笑)

このメニュー、一応にんじん2本で2人分なのですが、私は1人で2本食べられるかな。だっておいしいもの!食物繊維はたっぷり摂(と)れたし、必ずまた食べたくなるレシピを知ることができたし、今回のクッキングは大満足です!皆さんも試してみてくださいね。

ズボラな人向け、「時短レシピ」の紹介

さて、ここで終わってしまうと、「調理時間50分だって!?そんな時間のかかるメニュー作ってられないよ!」という声が聞こえてきそうなので、もう少し続けます。ズボラな人向けに「人参まるごと蒸し」の時短(じたん)レシピをご紹介しましょう!

材料と作り方

まず材料がこちらです。

「ズボラ化人参まるごと蒸し」の材料
  • 人参 1本
  • マヨネーズ 大さじ1
  • オリーブ油 大さじ1
  • 塩 少々
  • ミックスナッツ 25g
  • クミンパウダー 少々

つづいて作り方。

「ズボラ化人参まるごと蒸し」の作り方

1.洗った人参をラップでしっかりと包む。

2.破裂しないように数カ所フォークで穴を開ける。

3.レンジで6分加熱する。竹串で柔らかくなったか確認。

4.ミックスナッツをビニール袋に入れ、麺棒(めんぼう)で叩くいて細かくする。

5.マヨネーズ、ヨーグルト、塩、オリーブ油、クミンパウダーをミックスナッツに加え、袋を揉(も)んで混ぜる。

6.フライパンにオリーブ油(分量外)バターをいれ、人参の皮がこんがりするまで弱火でソテーする。

7.人参とソースを盛り付けて完成。

引用 cookpad「より簡単に!丸ごと人参蒸しをズボラ化。」(外部リンクへ飛びます)

なるほどね、にんじんを長時間蒸すのを大幅に短縮し、フードプロセッサーでソースを作る作業を簡略化しているわけですね。かしこい!

実際に作ってみた

小ぶりなにんじんが1本あまっていたので、実際に作ってみました。なお、ソースは本来のレシピのものを再利用しています。にんじんの調理のみの時短化ですね。

完成した時短化人参まるごと蒸し

レンジだとやっぱり少しシナッとしてしまいますね。でも、見た目的にはそんなに遜色(そんしょく)ないのではないでしょうか?

ではお味の方は?食べてみると、さすがに本家本元(ほんけほんもと)と同じとはいきません。手間ひまかけたことによる繊細(せんさい)な風味や、蒸したことによる瑞々(みずみず)しい柔らかさまでは再現できていませんでした。でも、これはこれで意外とイケますよ。

手っ取り早く雰囲気を味わいたい場合や、手軽に食物繊維を摂れるメニューとしてはオススメです!

まとめ

  • 平野レミさんの「人参まるごと蒸し」レシピが何度もテレビで取り上げられ話題!
  • 平野レミさんは、数々の伝説を残した料理界異色(いしょく)の偉人
  • 「人参まるごと蒸し」を実際に作ってみたら、衝撃のおいしさだった!
  • ズボラな人向けに簡略化した「時短レシピ」もあります

平野レミさんの調理法って、豪快に見えて実はちゃんとした理由があったりするんですよね。「人参まるごと蒸し」だって、栄養が豊富(ほうふ)なにんじんを子どもたちに食べさせたいという愛ゆえに生まれたメニューですしね。

今回、気になっていたレシピを試したら予想以上においしかったので、平野レミさんの信奉者(しんぽうしゃ)になってしまいそうです(笑)次は何のメニューを試してみようかしら?伝説のあのレシピにしようかなあ・・・なんてね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です