イノシシの鳴き声が威嚇って本当?声で分かるイノシシの威嚇が超危険!

スポンサーリンク

『猪突猛進(ちょとつもうしん)』という四文字熟語があります。意味は、周囲の人のことや状況を考えずイノシシのように、激しい勢いで突進することを言います。では、本当にイノシシって、まっすぐ突進するようにしか走らないのかな?と思いませんか。

実は、足も速いし、すごく俊敏(しゅんびん)に動き回る動物なんですよ。十二支の最後、『亥年(いどし)』にも登場しますが、どこか遠い山の奥深くに住んでいて、あまりなじみがありませんよね。生態もわからないし、ましてや鳴き声なんか聞いたことがない!!

そんなイノシシですが、山道を歩いていて突然遭遇(そうぐう)しても、街中で出くわしても、鳴き声を聞き分けることが出来たら、危険を回避(かいひ)できるかもしれません。藪(やぶ)に入ったときや山道を歩くときの注意として、イノシシの生態と鳴き声をご紹介します。

イノシシの生態と鳴き声

イノシシは日本全域で生息しています。北海道から九州に生息する『ニホンイノシシ』と沖縄だけに生息するュウキュウイノシシ』の2種類がいます。年々数は減少気味で、特にリュウキュウイノシシ絶滅危惧種(ぜつめつきぐしゅ)に認定されています。

イノシシの生態

イノシシは、実はとても臆病(おくびょう)な動物でおとなしい性質の持ち主なのです。とても警戒心(けいかいしん)が強く、人間の匂いを感じたら寄りつかず、人を見たら怖がって逃げます。猪突猛進の言葉のイメージと全く違いますね。

体重は60㎏~100㎏となるものもいれば、150㎏近くあるものもいます。走る速さは約時速45㎞と意外と早いですよ。雄・雌(おす・めす)ともに『牙』をもっており、攻撃の時にも使います。

子供は体(からだ)に『縞模様(しまもよう)』があり『うり坊』と呼ばれています。可愛い姿なので近寄ってみたいなと思っちゃいますが、ダメですよ!近くにはうり坊の親がいるので攻撃されます。

イノシシの鳴き声

イノシシは姿や鳴き声が他の動物と似ていると思いませんか?そうです、『豚』ですね。鳴き声が「プギッ」「フゴッ」と聞こえるのは、鼻や口の作りが豚とよく似ているからで、鳴き声も同じなんですね。おもに繁殖期によく鳴きます。『ウリ坊』は「キィー」という声で鳴きます。

イノシシを家畜化(かちくか)したのが『豚』なので似ていて当然ですね。そのイノシシと豚の子供が『イノブタ』です。聞いたことがありますよね。そのため、鳴き方はみんな同じです。

ただし、イノシシがこんな声を出したら要注意(ようちゅうい)です!!「シュー」「カッカッカッ」「クッチャクッチャクッチャ」です。怖いイノシシがすぐ傍(そば)に来ています・・・・。この鳴き声は何を伝えているのか探っていきます。

鳴き方で分かるイノシシの威嚇が超危険

突然出くわしたイノシシが「シュー」という声で不穏(ふおん)な雰囲気を出し、続けて「カッカッカッ」と鳴いてきた。これは、どうやら怒っているようです。そして、「クチャクチャクチャ」と声を出したら、さらにっちゃ怒っているサインです。

たてがみを逆立てながら威嚇している姿はどう猛(もう)な野獣(やじゅう)に変貌(へんぼう)した、超危険な状況です。たとえ姿が見えていなくても、この声が聞こえたら注意して、その場から速(すみ)やかに立ち去ってください。

イノシシが威嚇する理由とは

威嚇するイノシシに遭遇したくはないですね。走るのが早いイノシシに突進されたら逃げ遅れちゃいますよ。本来イノシシは臆病な動物なので、人を襲うということはめったにありませんが『危険!!イノシシ出現』看板など立っているところには行かないのが賢明(けんめい)です。

では、どういう状況でイノシシが威嚇するのか、いくつかの原因があります。

イノシシが威嚇する原因
  • イノシシがケガをしているとき
  • 犬に追われているとき
  • 晩秋(ばんしゅう)から冬にかけての発情期(はつじょうき)
  • 興奮(こうふん)しているとき
  • 至近距離で突然出くわしたとき

特に、子供の『うり坊』がいるときは、とても神経質になっているので、絶対に近寄らないようにしてください。必死に子供を守ろうと威嚇してきます。こちらから刺激を与えないように、そっとしておくと、イノシシたちは逃げていきます。

突然遭遇したらどうしたらいいの?

『注意!!イノシシ出現』の看板が立っている場所には行かないこと。それでも、突然出くわしたら、背中を見せずにゆっくりと後ろに下がって、静かにその場から急いで立ち去ることです。つまり、あわてず焦ら目をそらせないろに下がり急いで距離を取り立ち去ることです。

イノシシは、こちらから刺激を与えなければ、威嚇していても逃げていきます。むやみに刺激する行動はやめましょうね。そして、ぜったいに、背を向けて走って逃げないようにしてください。人を敵と思い興奮して襲ってくることがあります。

まとめ

  • 日本のイノシシは2種類います。
  • イノシシはとても臆病で神経質な動物です。
  • 走るスピードはとても速いです。
  • イノシシの鳴き声は豚の鳴き声と似ています。
  • 興奮状態で威嚇する鳴き声があり、聞き分けられます。
  • イノシシに出くわしたら静かにその場から急いで立ち去ります。

最近、イノシシも人に慣れてきたのか、餌を求めて街中にも現れることがあります。出くわしたくないのですが、突然遭遇したら、興奮状態で威嚇しているのか、鳴き声でかわかります。特徴的な鳴き声が聞こえたら、刺激しないように、速やかに立ち去りましょう。

本来イノシシは臆病な動物なので、威嚇していてもほとんどが逃げていきます。藪や山道を歩いているとき、鳴き声が聞こえても、襲ってくることはめったにありません。イノシシは決してう猛で危険な動物ではないのです。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です