犬夜叉の子供時代とは?半妖であるがために嫌われていたって本当?!

スポンサーリンク

アニメ【犬夜叉(いぬやしゃ)】に登場するキャラクターの『犬夜叉』と言えば、妖怪(ようかい)と人間の間に生まれた『半妖(はんよう)』です。週刊少年サンデーにて連載(れんさい)終了してから20年以上経った今もなお、とても人気がある漫画(まんが)の1つとして挙げられます♪

さて、そんな大人気漫画の主人公・犬夜叉の子供時代に注目してみました!妖怪と人間の間に生まれた彼は、一体どんな過去を持っているのか気になりますよね。それでは早速犬夜叉について詳しくみていきましょう♪

犬夜叉ってどんなキャラクター?

犬夜叉と言えば、頭には犬耳、そして綺麗(きれい)な銀髪が特徴ですよね♪そして大妖怪『犬の大将』と言われている父と、貴族出身の人間を母に持つ半妖の犬夜叉。頭にある耳以外は人間に近い容姿をしているのですが、元気な時は鼻が湿っていて、風邪をひくと乾くのだそうですよ!

しぐさなどが完璧(かんぺき)に犬寄りな彼は、犬のように扱われると怒るのですが、そんな所も可愛いですよね♪また、荒っぽい口調で怖い妖怪なのかと思いきや、優しい性格の持ち主でむやみやたらに相手を傷つけることはしません。

そんな犬夜叉をアニメで演じているのは山口勝平(やまぐちかっぺい)さんです♪犬夜叉のイメージにピッタリな声色(こわいろ)で、魅力(みりょく)的ですよね☆犬夜叉の声優『山口勝平』さんはどんな人?演じた他のキャラクターは?では、彼についてもっと詳しくご紹介していますよ!

犬夜叉は悲しい過去の持ち主・・・?

半妖だからこそ、妖怪と人間など関係なく基本的には優しい面を持ち合わせている犬夜叉。そんな優しい犬夜叉なのですが、実は子供時代からあることを理由に嫌われていたようです。そのため、アニメで放送された回想シーンがなんとも切なく、悲しい気持ちになってしまいます・・・。

明るい性格である犬夜叉は、暗い過去を持っているような性格に見えないので、どうして嫌われてしまっていたのかなんて想像できませんよね。そこで次に、「なぜ犬夜叉が嫌われていたのか」という点に焦点を当て、その理由について紐(ひも)解いていきましょう。

犬夜叉が嫌われていた理由とは?

実は幼い頃、妖怪や人間からも嫌われてしまっていた犬夜叉。半妖である彼は妖怪だけではなく、人間からも疎(うと)まれる存在として扱われていたため、母親の『十六夜(いざよい)』に守られながら毎日を過ごしていました。

半妖が嫌われてしまう理由、それは人間でも妖怪でもないからなのです。どちらにも成り切れない犬夜叉は、子供時代にとても悲しい想いをしてきたに違いありませんね・・・。母親が愛情を注(そそ)ぎ、傍(そば)で見守ってくれていたのが唯一の救いだったことでしょう。

犬夜叉の母親である十六夜については『犬夜叉と殺生丸はなぜ半妖怪と妖怪なのか??知られざる母親の存在』にてご紹介しているのでぜひ参考にしてみてくださいね。

犬夜叉の子供時代が見れる回

アニメで犬夜叉の子供時代を見れる回は数少ないのです。しかし、「彼のことを隅々(すみずみ)まで知りたい!」と言う方のために幼い犬夜叉は何話で見られるのか調べてみました☆

犬夜叉の子供時代
  • 第6話『不気味な妖刀(ようとう) 鉄砕牙(てっさいが)』

父親の墓の場所を探す殺生丸の手によって、十六夜に化けた妖怪『無女(なおんな)』に犬夜叉が騙(だま)されてしまうお話です。

  • 第7話『激対決!殺生丸(せっしょうまる)VS犬夜叉』

かごめが引き抜いた鉄砕牙を巡り、殺生丸と犬夜叉が激闘(げきとう)を繰り広げます!

  • 第73話 『紫識(しおり)母子とアイツの気持ち』

十六夜が亡くなってすぐの物語となっており、犬夜叉の子供時代を知りたい方に一番見て欲しい回です。

犬夜叉がどんな子供時代を過ごしてきたのか知りたい方は、第73話を見てみて下さい♪この回を見れば「愛し愛される存在がいると言うことって大切なんだな」と感じることができるはずです。

犬夜叉の子供時代が話題!

悲しい過去を持つ犬夜叉なのですが、子供時代の彼がファンの間で話題になっているのですよ!少年姿もカッコいいので、子供の姿は皆さんの想像通り!幼さを感じさせる表情にキュンキュンしちゃいます☆

そこで、次に犬夜叉の子供時代を見たファンの声をまとめてみました!犬夜叉の過去を知ったファンはどう感じたのか、早速見ていきましょう。

犬夜叉の子供時代を見たファンの反応

犬夜叉の過去編が描かれている第73話には、独りぼっちで蹴鞠(けまり)を持つ犬夜叉と、十六夜の姿が・・・!幼い犬夜叉の可愛い姿が見られるのですが、切ない気持ちになってしまうシーンでもありますね。

ファンの声
  • 犬夜叉のちびっ子時代が尊(とうと)すぎる~!
  • 十六夜が死んでしまって独りぼっちになってしまった犬夜叉かわいそう・・・。
  • 蹴鞠を見ると犬夜叉の幼少期を思い出す。
  • 犬夜叉の幼少期最高!!
  • 犬夜叉の幼少期可愛すぎる!

母親である十六夜が死んでしまってから独りぼっちになってしまった犬夜叉・・・。涙無くして見られない回である第73話を見たファンは、1人で逞(たくま)しく成長していく姿に、「犬夜叉、頑張れ!」と応援したくなったことでしょう。

そして、この感想を読んでいくと実際に犬夜叉の子供時代を見てみたくなりますよね♪そんな方は今回ご紹介したアニメの登場回をぜひ参考にしてくださいね☆

まとめ

  • 大妖怪である父と、貴族出身の人間を母に持つ犬夜叉。
  • 半妖であることを理由に妖怪だけではなく人間からも嫌われていた。
  • どんな子供時代を過ごしていたのか詳しく見られるのは第73話
  • 犬夜叉の子供時代が「可愛すぎる!」とファンから好評!

今回は犬夜叉の子供時代についてご紹介してきました♪切ない過去を持つ犬夜叉でしたが、成長していくために様々な困難(こんなん)を1人で乗り越えていかなければならなかったのです。

十六夜の死後、大妖怪の息子でも妖怪に敵(かな)わなかった犬夜叉は、力をつけるために日々努力してきたというのが分かります。どんな子供時代を過ごしてきたのか分かる第73話は見る価値ありです!これを機にぜひゆっくりとアニメ【犬夜叉】をご覧ください♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です