【犬夜叉】りんが成長した!話せるようになったのは殺生丸のおかげ?

スポンサーリンク

【犬夜叉(いぬやしゃ)】と言えば、大人気漫画(まんが)である『うる星(せい)やつら』などを生み出した高橋留美子(たかはしるみこ)さんの作品として有名ですよね♪2020年10月からは【半妖の夜叉姫(やしゃひめ)】が放送され、主人公達の親についても注目を集めていました!

魅力(みりょく)的なキャラクターが数多く登場し、物語を盛り上げている【半妖の夜叉姫】。そこに登場する『とわ』と『せつな』の母親である『りん』についてご紹介していきます。

前作の【犬夜叉】では、言葉を話すことができなくなってしまったりんの成長を感じさせる回があったのですよ!悲しい生い立ちの持ち主でありながら、明るい彼女の成長を見守っていたファンも多いですよね!それでは早速、詳しく見ていきましょう♪

【犬夜叉】りんとは一体誰なのか

2020年から放送されていた【半妖の夜叉姫】しか見たことがない方は、りんについて詳しく知らないかもしれませんね。前作である【犬夜叉】の主人公・犬夜叉の異母兄(いぼけい)で妖怪の殺生丸(せっしょうまる)と旅をしている女の子が、今回ご紹介していく『りん』です。

りんは、両親を目の前で盗賊(とうぞく)に殺されてしまったショックから、言葉を話すことができなくなってしまっていたのです。それだけではなく、村人からも邪魔(じゃま)者扱いを受けている、という悲しい生い立ちを持っていました。

そんなある日、殺生丸は犬夜叉と父の形見である『鉄砕牙(てっさいが)』を巡る闘いの末、深手を負い森の中で倒れていたのをりんが発見。弱っている殺生丸をりんが看病(かんびょう)していくのですが、この時の出会いが2人の運命を変えていきます。

【犬夜叉】りんと殺生丸の成長を感じる回

甲斐甲斐(かいがい)しく殺生丸の看病をするりんの姿に、胸が熱くなったファンも多いですよね。最初は言葉を話すことができなかったりんですが、ある出来事をきっかけになんと!話すことができるようになるのですよ♪

それだけではなく、冷酷(れいこく)な性格の殺生丸もりんと一緒に過ごすうちに、少しずつ変わっていきます。そこで、アニメや原作では何話でそのシーンが出てくるのかまとめてみましたので、りんと殺生丸の成長を一緒に見ていきましょう☆

りんが言葉を話せるようになったきっかけ

りんが殺生丸のおかげで言葉を話せるようになったのはアニメでは35話、原作では14巻となります。殺生丸の看病をするようになったりんでしたが、ある日彼女の住む村に人食い狼(おおかみ)が現れ、命を落としてしまうのです。

しかし、殺生丸が自分の持つ『天生牙(てんせいが)』を使い、りんを蘇(よみがえ)らせます!今までは人間の命を軽く考えていた殺生丸が、りんの優しさに触れ少しずつ変わっていったのでしょう。この出来事をきっかけにりんは生き返り、話せるようになったのですよ♪

りんは話すことができるようになり、本来の天真爛漫(てんしんらんまん)さを取り戻したのです。この35話では、りんだけではなく、殺生丸もりんの影響で大きく成長したと言えますね!

天生牙とは

殺生丸が持つ天生牙は、癒しの力を持ち『生きている人間を傷つけることができない』と言う不思議な力を宿した妖刀(ようとう)です。また、抜刀(ばっとう)することで、死者をあの世に連れて行こうとする『あの世の使い』が見えるようになります。

1人につき1度しか天生牙の効果は発揮できないのですが、あの世の使いを切ることで、霊界(れいかい)へ連れいくことを阻止(そし)できる、という刀なのですよ。そのため、りんが人食い狼に襲われ命を落とした際、あの世の使いを切ることで彼女を蘇らせることができたのですね。

りんが邪見(じゃけん)を救うために1人で奮闘(ふんとう)!

アニメオリジナルとなる96話では、殺生丸のお供である邪見が、奈落(ならく)の毒虫に刺されてしまい死にそうに・・・!殺生丸は毒虫を追っていってしまったため、1人残されたりんは邪見を救うために解毒することができる『千年草の実』という薬草を調達するために奮闘します。

千年草の実があるのは、なんと、妖怪が出現する崖(がけ)!1人で採りに行くりんですが、千年草の実を手に入れたと同時に崖から落ちてしまうのです!しかし、りんの危機にすかさず殺生丸が反応し助けられたため、大した怪我をすることなく無事、邪見の解毒に成功したのでした♪

この96話では、両親を亡くしてから寂しく暮らしていたりんが、殺生丸との出会いのおかげで守られるだけではなく、『自分1人で考え行動できるようになった』という成長を感じられるのではないでしょうか。

96話を見た原作ファンの感想!

この96話では、解毒することができ助かった邪見を、抱きしめて泣いているりんの優しさ溢(あふ)れる姿に胸が熱くなってしまいます!また、りんと殺生丸にトキメキを隠せない方が多数いらっしゃるようです☆そこで、今回は少しだけ犬夜叉ファンの感想をご紹介していきますね♪

96話『病気になったあの邪見』を見たファンの感想
  • りんちゃんの危機に速攻で駆けつけてくれる殺生丸の微笑ましさと、りんちゃんが健気で大好き!
  • 邪見のために頑張るりんちゃんと、りんちゃんの窮地(きゅうち)にかけつける殺生丸に胸アツ!
  • りんを助けに来る殺生丸が王子様すぎる!
  • 崖が怖くても必死で登っていく姿が健気すぎる。

このような感想が多く、りんの成長したと感じる96話では、りんと殺生丸の関係性が分かるような回でもあったのですね!ファンからするとりんと殺生丸は、『お姫(ひめ)様のピンチに駆けつける王子様』というイメージなのでしょうか♪

りんの健気さと優しさ、そして冷酷だった殺生丸がりんをとても大切に思っていると感じられる回だと言えますね。

【犬夜叉】りんにとっての殺生丸とは

りんの成長を感じる回では、2人がお互いを必要としているように感じましたよね!その後、2人の関係性はどうなっていくのでしょうか?

犬夜叉の完結編 第9話では、殺生丸のあの名セリフ!「りんの命と引き換えに得るものなど何もない!」と言わしめるまでに、りんとの関係性が深まっていることが分かります。このセリフに2人のファンは「殺生丸ってりんのこと大好きだよね?!」とお祭り騒ぎだったようです♪

犬夜叉の殺生丸とりんの関係は!?結婚していたの?漫画も面白い!!では、そんなりんと殺生丸のその後について詳しくまとめていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね♪

話すことができない『りん』を演じた声優

殺生丸と出会う前、両親を目の前で殺されてしまったショックから言葉を話せなくなってしまったりん。最後に、そんな彼女を演じた声優『能登麻美子(のとまみこ)』さんについてご紹介しますね♪

彼女はウィスパーボイスと言われる囁(ささや)き声の持ち主で、今まで演じてこられた様々なキャラクターのイメージを壊すことなく見事に演じておられます。その柔らかな声に「癒(いや)される~!」「可愛い声で好き」と言ったファンに定評がある声優さんなのですよ♪

また、2020年8月1日に『殺生丸とりんのベストエピソード』がライブ配信された際、当時の裏話なども聞くことができ、とても盛り上がっていました♪あの癒される声でりんの裏話を聞けるなんて滅多にない機会ですので、ファンにとっては堪(たま)りませんよね!

まとめ

  • りんは、犬夜叉の異母兄である殺生丸と一緒に旅をしている女の子
  • 両親を目の前で殺されてしまったショックから、言葉を話せなくなっていた
  • 人食い狼に襲われ一度命が尽きてしまったものの、殺生丸のおかげで助かり、言葉も話せるようになった
  • アニメオリジナルの96話では、邪見のために自分1人で考え行動できるように成長した

両親を殺されてしまったショックから言葉を話せなくなっていたりんですが、自分1人で行動できるようになるまでに成長していたのですね!殺生丸との出会いのおかげで、どんどん魅力(みりょく)的になっていくりんの姿に心打たれるファンも多いですよね。

また、殺生丸と共に過ごしていくうちに、りんは自分自身の大切さも分かるようになったのではないでしょうか♪りんと殺生丸の子供達が活躍(かつやく)する本作の続編『半妖の夜叉姫』第2弾の制作も決定しています!

ぜひこれを機会にアニメ『犬夜叉』をご覧いただき、りんと殺生丸の心が近づく瞬間を見てみましょう♪

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です