情報処理技術者試験は初心者でもOK?難しい?気になる難易度について

スポンサーリンク

みなさんは情報処理技術者試験(じょうほうしょりぎじゅつしゃしけん)というものをご存知ですか?なんとなく耳にしたことがある方も多いことでしょう。現代は情報化社会なので、需要(じゅよう)が高まってきています。

簡単に言うと、情報処理技術者試験とは、プログラミングなどの情報処理技術を使う上で、求められる知識・技能についての試験です。いわゆる情報リテラシーを試す試験です。大学や専門学校、最近では高校でもこの試験の受験をすすめているところは多いです。

もちろん学生だけでなく、企業も資格の取得をすすめています。特にIT関係の仕事に就いている、もしくは目指している方にとっては必須(ひっす)の資格であると言えるでしょう。今回は、そんな情報技術者試験とその難易度(なんいど)にスポットを当てて記事を書きました。

情報処理技術者試験とは

情報処理技術を扱う上での知識や技能が「一定のレベル以上である」ということを認定する試験です。プログラマーなど、情報処理技術を活かしてシステムの設計や運用を行う技術者。構築(こうちく)されたシステムを利用するエンドユーザー。

これらITに関わる人たちすべてに向けて実施(じっし)されている試験です。そして、情報処理技術試験の特徴は以下3点です。

情報処理技術試験の特徴
  • IT分野の国家試験
  • 会社に勤めながらでも合格できる
  • キャリアアップを目指せる(就職や転職にも吉)

それでは順に見ていきましょう。

IT関連の国家試験

情報処理技術者試験は、特定の製品・ソフトウェアの扱いを対象にしたものではありません。情報処理において必要となる基礎知識や基本原理、技能を総合的に評価するものです。それが国家試験たる理由です。例えば、ワープロ検定などが特定の製品・ソフトウェアです。

国家試験と聞くと難しそうに感じてしまいますが、他の国家試験に比べると難易度は低めに設定してあります。「国家試験」や「IT」という単語に苦手意識が強い方もいることでしょう。ですが、肩の力を抜いて取り組んでみてください!

会社に勤めながらでも合格できる

合格者のほとんどは企業に勤めるサラリーマンです。試験は年に数回開催(かいさい)されます。なので、他の資格に比べて受験機会が多く、仕事が忙しい人でも取組みやすいです。仕事終わりや、休日にできる範囲(はんい)で良いので勉強時間をとりましょう。

教科書やオンライン授業なども活用できます。現に私の友人も、会社に勤めながらこの資格を取得した人が数人います。「働いていて時間がないから」と言って、諦(あきら)めるのはもったいないですよ!自分のペースで勉強できるのでチャレンジしてみてください!

キャリアアップを目指せる(転職や就職にも吉)

この試験はITに関連だけでなく、経営戦略(けいえいせんりゃく)やプロジェクトマネジメントなどなど。普段、仕事をする上で役立つさまざまなスキルを身に着けることができます。なので、IT系の職業以外の方にもオススメです。

自分の能力・知識の水準(すいじゅん)を証明できるので、キャリアアップ、就職、転職に強いです。どんな業種の方でも役立つというのは大きなメリットですね。「ITは関係ないから」と突っぱねてしまうのはもったいないですよ!必ず役立つスキルを手に入れることができます。

試験の難易度

ここでは試験の難易度についてお話しします。IPA(情報処理推進機構)は対象者を「情報技術全般に関する基本的な知識・技能をもつ者」としています。なので、どちらかというと上級者より初心者に向けた試験内容になっています。では、初心者の場合と上級者の場合にわけて解説します。

初心者の場合

IT関係の分野に未経験の方が独学した場合でも、合格が可能ですが、難易度は少し高めです。初心者の合格率は約50%といったところでしょう。しかし、勉強に取り組む姿勢(しせい)によるので一概に半数が受かるというわけではありません。

初心者の中でも、興味を持って学習できる方にとっては合格率はもっと高くなるはずです。個人差はありますが3ヶ月〜6ヶ月の学習期間が必要でしょう。こう聞くと「長い・・・」と感じてしまう気持ちもわかります。ですが、何をするにしても継続は必要なので頑張りましょう!

経験者・上級者の場合

テクノロジー系の試験は容易(ようい)に感じるでしょう。しかし、ストラテジー、マネジメント分野の試験は注意が必要です。これらの分野は、学校で学ばないことが多いからです。少しは勉強が必要ということです。合格率は約8割といったところでしょう。

特に大学生や専門学生には挑戦することをオススメします!この資格は、就職活動に有利に働くので取っておいて損はないですよ!経験者の方にとっては、朝飯前かもしれませんね!なので、パパッと取ってしまいましょう。

受験者の口コミ

それでは、みなさんが気になる口コミを見ていきましょう!試験を受けた人たちのTwitterでの感想を紹介します。

引用ツイッター

試験には、単純な知識を問うよりもメタ推理力(すいりりょく)を図る面があるようですね。とは言っても、一般的なレベルからすれば最低限の知識は必要です。この人のように論理(ろんりてき)的思考能力が高い人にとっては、とても簡単な試験です。

引用ツイッター

この方の場合、ひたすら知識量で勝負している印象です。普通の人は5年間も勉強しないので、例外ではありますが。つまりこの人が言っているのは、取り敢(あ)えず入念に過去問を解いて知識を増やしていけば合格できるということです。

引用ツイッター

一番無難(ぶなん)な勉強方法は、やはり時間をかけて確実に知識を身につけていくことです。この方のつぶやきは最も参考になりそうな感想ですね。一夜漬けの勉強ではなく、普段からコツコツと勉強することが大切ということです!

まとめ

  • 信用できる国家試験
  • 働きながらでも取得できる
  • IT初心者向けの試験
  • 長期的にコツコツが合格の秘訣

ポイントは以上4つです。現在の世の中、情報リテラシーは必須課題となっています。どんな働き方をする人でも、インターネットを利用しています。便利なインターネットを使う上で、基礎知識を身につけておくことは、ゲームの取扱説明書を読むことと同じような気がします。

取扱説明書を読んだ方が、ゲームを攻略しやすいですよね。私の友人も、Webライティングをしているのでこの試験を絶賛勉強中です!まだ、あまり時間が取れていないようですが・・・。取っておいて損はないので、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です