鬼滅の刃の映画には年齢制限がある!?15歳未満が観れないは本当??

スポンサーリンク

今最も勢いのあるアニメと言えば『鬼滅の刃(きめつのやいば)』です!子供から大人まで絶大な人気を誇り、その爆発的な人気は異様とまで言われています。そんな『鬼滅の刃』の映画『劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編』が、2020年10月16日(金)に公開されます☆

多くのファンが心待ちにしているこの映画、実は「年齢制限があるのでは?」とウワサになっているのをご存知ですか?鬼滅の刃は、親子でファンという方も多いので、「もし年齢制限があったら子供と一緒に行けないの!?」と心配になりますよね。

そこで今回は、鬼滅の刃の映画に年齢制限があるのか、あるとすれば何歳から観ることができるのか調べてみました!

鬼滅の刃の映画には年齢制限がある!?

鬼滅の刃は、大正時代を舞台に、人と鬼との切ない物語を描いた作品です。人気絶頂の中、連載漫画(まんが)が最終回を迎え、大きな話題を呼んだのは記憶に新しいですよね。

映画に年齢制限はない!

では早速、問題の年齢制限について見ていきます!結論から言いますと現時点で映画『鬼滅の刃ー無限列車編ー』の年齢制限はありません!ホームページや公式Twitterを見ても、年齢制限やR指定に関しては書かれていませんでした。

ひとまず安心ですね。しかし、今後発表されるという可能性もあるので、公開日まで気が抜けません・・・。そこで!もし年齢制限がつくとしたらどのような制限がつくのか予想してみました☆

年齢制限とは?R指定ってどういう意味?

予想の前に、年齢制限について説明しておきますね。普段、R指定という言葉をよく耳にしますが、どのような種類があってどのように分けられているのか、みなさんご存知ですか?

日本では映画倫理機構(えいがりんりきこう)【映倫】が定めた4種類のマークで分類されています。詳しく見ていきましょう!

G(General Audiences)

誰でも鑑賞(かんしょう)可能ですので、年齢制限はありません。ストーリーや言葉に暴力的な表現やショックを感じるようなものが、最小限にとどめられています。映画を観ているときに端の方に『G』と表示されていますよね!気になっていた方もいるのではないですか?

PG12(Parental Guidance)

小学生以下のお子様が映画を観る際、保護者の助言・指導が必要です。鑑賞する際にはなるべく保護者同伴をオススメする作品です。小学生以下のお子様にとっては不適切な表現が一部含まれています。

あくまで『助言・指導が必要』であるため、子供が観てはいけないというわけではありません。「PG12という種類があったの!?」と思いませんでしたか?助言・指導が必要な制限があるなんてびっくりですよね!

R15+指定

R指定のRはRestricted(鑑賞制限)のことで、15歳未満の方の入場・鑑賞が禁止となります。PG12より表現に刺激が強く、15歳未満の方が鑑賞するのは不向きの映画です。

R18+指定

18歳未満の方の入場・鑑賞が禁止です。暴力的・性的なシーンが含まれたり、麻薬・覚せい剤使用を含むなど、極めて刺激が強い作品を指します。文字通り、成人向けの映画です。

以上で年齢制限については詳しくわかりましたよね☆では予想していきますよ♪

『劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編』に年齢制限がつくとしたら!?

『鬼滅の刃』を苦手とする小さな子供は確かにいます。ですが、子供の間で凄(すさ)まじい人気があるので、『劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編』にもし年齢制限がつくとしたら、『PG12』の可能性が高いのではないでしょうか。

入場・鑑賞を禁止するR15+やR18+になると多くの子供たちが観ることができなくなるため、それはきっとないはずです。なので、年齢制限がつくとしても保護者の助言・指導があれば観ることができる『PG12』ではないかと予想しました。

以上、予想は当たるでしょうか!当たるかどうかドキドキしながら待ちたいと思います♪みなさんの考えはどうですか?ぜひ予想してみてください☆

年齢制限のウワサはどこから?

ホームページや公式Twitterでは、年齢制限の話が出てきていません。それなのに、ウワサが出てきたのは不思議ですよね。ではなぜ年齢制限のウワサが出てきたのか、原因と思われる理由をまとめてみました。

ウワサが出た理由
  • 体を斬られ、血が吹き出たり首が飛んだりとグロテスクなシーンがある
  • 家族が鬼に惨殺(ざんさつ)されるなど残酷(ざんこく)な内容となっており、小学生に悪影響があるかもしれない
  • 深夜放送のアニメである

以上のことが関係しているようです。確かに、TVアニメの第1話目から家族が惨殺されるシーンがあり、衝撃を受けたのを覚えています。漫画とは違い、映像になってしまうと血が飛び散る音などもリアルに再現されるので、さらに恐怖が増してしまいますよね。

ホラーやサスペンスが苦手な人は、トラウマになってしまうかもしれません。このようにウワサが出た理由を見てみると、確かに年齢制限の話が出てきてもおかしくないですよね。

まとめ

  • 今最も人気のあるアニメ、鬼滅の刃の映画が『劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編』2020年10月16日(金)に公開される
  • 年齢制限のウワサがあるが、ホームページや公式Twitterを見ても、年齢制限やR指定に関しては書かれていない
  • 日本では映画倫理機構(映倫)が定めた4種類のマークで、年齢制限が分類されている
  • 映画にもし年齢制限がつくとしたら、PG12の可能性が高いと予想
  • ウワサが出てきた理由には、グロテスクな内容・小学生に悪影響があるかもしれない・深夜放送のアニメだからということが関係しているのではないか

年齢制限は今のところないですが、まだまだどうなるかわかりません。ですが、ウワサが出回るということは、それだけ注目されているということですよね☆10月の公開が楽しみです♪

ただ、現在は新型コロナウイルスの影響で、映画館で映画を観ることにまだまだ抵抗がある人もいますよね。映画『劇場版ー鬼滅の刃ー無限列車編』が公開される頃には、少しでも収まってくれることを願うばかりです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です