夏の暑さなんてへっちゃら!?扇風機+保冷剤の効果的使い方とは⁉︎

スポンサーリンク

6月の梅雨の時期を越えたら、想像を超える暑さがやってきますね。夏の到来(とうらい)です。夏といえば・・・あんなことやこんなこと、たくさんお外でやりたいことがありますよね。

ただ、おうちでのんびりするには全く向いていない季節でもあります。そんな夏だからこそ活躍してくれるのが扇風機!!夏の必須アイテムとなります。

私の友人はエアコンの冷気が苦手らしく、食事時間以外は扇風機でおうち時間を過ごしているそうです。そんな友人にとっておきの扇風機の使い方を聞いたので、まとめてみました♪この方法で、夏を快適に過ごしていきましょう!

扇風機と保冷剤は最強の組み合わせ??

今回のメインアイテム、『扇風機』ですが、実は2種類の製品があります。一つはAC扇風機といって、この画像のように羽を回して風を送る私たちにも見慣れたものとなります。もう一つはDC扇風機といい、羽のない近年開発された新しい製品となります。

この二つはモーターやお値段に違いがあります。AC扇風機は交流モーター、DC扇風機は直流モーターとなり、こちらの方が寝るときに風の音が気にならないようになっています。つまり静かな風ということですね♪お値段は当然最新型DC扇風機の方が高値です。

そして、扇風機の使い方で今回ご紹介するのはAC扇風機となります。友人によると、扇風機に保冷剤を使えば、なんと夏に強い最強の組み合わせとなるそうです。保冷剤・・・これからの時期たくさんおうちに増えそうですよね。

扇風機用保冷剤が市販されている!?

実は扇風機と保冷剤の組み合わせに着目して、市販では『扇風機用保冷剤』というものが売られているそうです。アマゾンなどの通販にもいくつか商品があります。友人によると、これらは簡単に扇風機に取り付けられて気楽で便利とのことです。

扇風機は、後ろから空気を集めて前に風を送り込むという仕組みとなるため、保冷剤を取り付ける位置としては後ろとなります。市販では扇風機のサイズにジャストフィットするようになっています。これにより、冷気が前に流れてきて「あ〜涼しい〜」と効果的になるのだとか。

また、市販の保冷剤には扇風機専用だけでなく、クーラーボックス用や寝るときの氷枕がわりになるものなど、他の機能を兼(か)ねているものもあります。お値段が約1,500円〜となりますので、一家に一つ購入するのも夏の快適に繋がるのでおすすめです。でもこれって自作できないのでしょうか?

自作できる?扇風機と保冷剤の効果的組み合わを考えてみよう!

どうせなら自分で簡単に作ってみたい。でもどんな方法があるのだろう?丸い形の扇風機と保冷剤をうまく取り付けられるにはどうしたら良いのかな?そんな疑問にお答えします!色々とやり方があるそうなのですが、その中でもいくつかピックアップしてみました。

自分で作っちゃおう!扇風機+保冷剤
  • 保冷剤をタオルやバンダナなどで包んで、後ろのモーターにくくりつける
  • 直接保冷剤をガムテープなどでくっつける。ただし、テープの粘着跡(ねんちゃくあと)が気になる人は、扇風機のホコリカバーなどを先につけてその上から貼り付ける。保冷剤の水滴に注意。
  • ネットをS字フックで引っ掛けて大量に保冷剤を入れる。玉ねぎネットがちょうど良いサイズ♪これまた水滴に注意。
  • 百均などにある、フック付きバスケットにハンカチを敷(し)いて扇風機に引っ掛ける。かなり簡単でおすすめ度1位!!

扇風機のカバーの種類によって方法が変わりますが、実に簡単に自作できそうですね♪扇風機の効果自体は、自分の体温より周囲温度が低い場合にこそ力を発揮します。つまり「あ〜涼しい〜」と思えるのは、ほぼほぼ気温が高くない時に限るということです。

そのため、酷暑(こくしょ)ともなると効果どころか熱風しか送ってくれない扇風機と早変わりします。ですが保冷剤を後ろに置くだけで、体感温度を1〜2度ほど下げてくれると実に効果的!涼しさをより感じさせてくれます♪

最強の組み合わせでも注意しないといけないことがある!?

しかしながら、家電製品でもある扇風機。当然保冷剤は溶(と)けると水滴が出てきて、もし扇風機のモーターなどに入ると故障の原因となります。そのため、水滴が落ちにくい不織布(ふしょくふ)タイプの保冷剤を使うことをおすすめします。

風を送ることで通常よりも保冷剤が溶ける時間が早いことにも注意です。そのため溶けにくい量を置いたり、ガッチガチに凍らせたペットボトルを保冷剤の代わりにしたりする工夫も必要かもしれませんね。

また、冷気を帯(お)びた風を送るため、湿気の原因ともなります。それを防ぐためにも除湿には気を付けましょう。もし良ければ『湿気対策はどうする??梅雨の時期にお部屋を快適にするなら重曹を!!』も併(あわ)せて読んでいただくとより効果的な過ごし方となりますよ♪

もう一工夫してみる?ハッカ油もプラスすればさらに効果的♪

おすすめした記事にも書いているのですが、実は扇風機+保冷剤の最強な組み合わせに、さらに『ハッカ油』を加えるだけで快適性が増すのですよ!

ハッカ油には『ひんやりとした清涼効果』があるので、これだけでも虫除けや消臭にも効果があります。そのため、保冷剤を包むタオルなどにささっと振り掛ければ、扇風機を通してその効果を最大限に発揮できそうですね♪

まとめ

  • 夏の定番アイテム扇風機と保冷剤は最強となる組み合わせ
  • 市販でも売られていて、用途も多様♪
  • 自作でも簡単に「あ〜涼しい〜」ができちゃいます
  • ただ、水滴などに注意が必要
  • ハッカ油を使ってより涼しさ倍増

今年の夏も、おそらく35度以上の暑い日差しとなるでしょう。エアコンばかり使っていると、電気代が高くなって心が「冷や冷や」してしまいます。これは良くない冷えです。

そんな時に扇風機と保冷剤を使って、自然の風をさらに工夫によって冷やして快適に!!人間の知恵って面白いですよね♪夏だからこそ、保冷剤がいつの間にか増えていることもあります。使えるところで使ってエコで快適な気持ちになりましょう☆

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です